住宅環境研究所イアモクの『木の家』注文住宅施工例その①

暑い夏がやってきました。
東北電力管内でも節電計画がスタ−トし、エアコンの温度設定を今までの設定から1℃上げて電灯をできるだけ節約するとか、いろいろな取り組みが、東北電力のホ−ムペ−ジとかで紹介されていました。
エアコンなどの機械を使わないことばかりが取り上げられていますが、その前に機械ばかりに頼らなくても自然の恩恵を利用するいろいろな工夫があると思うのですが・・・・すだれなどで遮光、庇設置、地熱利用、自然通気、通風確保 ん〜いっぱいある。 もちろん室内に本物の木を使うと調湿効果があって、生きた木が湿気を吸ってくれて涼しく感じることはご存知ですか?

SA380076

大工さん手作りのならの食卓テーブルです

こんな工夫もして、冬は堀こたつに早変わり・・・“幸せの種”ですね

天井は、2階の床兼用で梁を表したお宅、遮音対策もしっかりと!

収納クロ-ゼットこそ湿気対策で木が大活躍!

トイレには消臭対策で青森ひばの腰壁です>

こんな感じで木は快適な家庭生活には欠かせません。

ただ、「幸福を生む住まい」は間取り計画が重要です。

日照・通風換気(特に自然通気も配慮が必要)は窓が自然の取入れ口

十分研究して住まいづくりをしましょう!

『木の家』施工例その②はこちらから

マンガ「ひばっ子いあもく年輪くん」Vol8もどうぞよろしく

20110703-nenrinkunyaplog.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です