ひばっ子「いあもく年輪くん」マンガ Vol11と『木の家』注文住宅施工例その②

ひばっ子「いあもく年輪くん」は

ひば雄父さん(406歳)と杉子母さん(106歳)の子どもです。

また、現代の日本の家庭のあり方について

ひば雄父さんから学びながら、

「木材」と「住まい」の正しい役割を

伝えていくマンガの主人公として誕生しました。

昔から、言い伝えられてきている

「住まいは、家族に色々な影響や感化を

与える環境である。」という基本理念から、

少しでも、皆様の「幸せの種」の一助になる情報を

お伝えできるよう研究していきます。

マンガVol11-ぜひご覧ください。

ここからは木の家施工例その②

居間の天井が吹抜のお宅-爽快です。

杉板がお気に入り厚板の断熱兼用の杉板です。

HI3H0052
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからは、もう50年以上前のお住まいのリフォ-ム-縁側の天井はそのまま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昔の日本の「木の家」風情あっていいですねえ。

流石に土台だけは少し腐食していましたが土台上げをして、基礎も補強して新耐震に適合。

土台はほとんど新しいひばに交換、大改修でした。

『木の家』施工例①はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です