「耐震診断・改修の講習会」を終えて!

 最近は、改築よりもリフォームをお考えのお客様が多くなってきました。
昨日、建築士対象の講習会で、「昭和56年以前に建てて、現在の耐震規定に
合わない“耐震補強が必要と思われる住宅”の改修が急務であり、国でも力を
入れている、ということです。 
 青森県内では、八戸市が昨年から、青森市は今年から改修診断のための補
助制度ができています。  また、耐震改修工事を行った住宅には、固定資産
税の軽減措置があります。 詳しくお知りになりたい方は、お問い合わせくださ
い。
 リフォームをお考えの方で、建設年が古く心配だと思われる方は、ぜひ耐震
診断を行い、一緒にご検討することをお勧めします。
 また、固定資産税の軽減措置は、バリアフリ−改修と省エネ改修にもありま
すので、あわせてご検討するほうがよいでしょう。  
 ※当社でも、無料相談お引き受けいたします。
                            住宅環境診断士
                            (1級建築士)   駒井 健弘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です